物理的アレルギーという言葉を聞いたことがある人はあるでしょうか。

現代病とも言われているアレルギーですが、物理的なことが刺激となって起きるからこのような名前がつきました。どのような病気なのかここで詳しく見ていきましょう。

物理的な原因とはどのようなことを指しているのか

物理的な刺激といってもどのようなことが原因になるのか、よくわからない人もいるかもしれません。

例えば寒冷、寒さや冷たさなどが刺激になって蕁麻疹が出てくることもあります。そして運動も刺激となります。運動をすることによって喘息発作が出る人、ひどい人になるとアナフィラキシーを起こす人もいると言われていますので、とても怖い物理的刺激とも言えるでしょう。

そして食物依存性運動誘発アナフィラキシーという食べ物が由来していることで運動をしてアナフィラキシーショックが誘発されることもあります。

太陽の光に浴びただけで蕁麻疹が出てしまう人にとって、物理的刺激に日光が入りますし、光線過敏症皮膚炎という病気の名前を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、これも物理的なことが原因となってアレルギーを起こしていることになります。

いろいろな病態を引き起こしているのでこれだけといったアレルギーの原因を特定することが難しいことが特徴です。

具体的なアレルギーの作用機序について

具体的に原因はなんなのか、様々な刺激が関係しているということは先ほど紹介したとおりです。これらの刺激が体にどのような影響を与えるのでしょうか。アレルゲン、つまりアレルギーの原因によって即時型アレルギー反応と一緒のように、肥満細胞からヒスタミンという化学伝達物質が出されます。

この化学伝達物質が働くことによって気管支喘息の場合には気管が狭まってしまって呼吸困難を起こしたりしますし、皮膚にじんましんが現れたりもするのです。

アナフィラキシーになると気管の収縮がさらにひどくなり狭窄してしまって塞ぐところまでいく場合もあるでしょう。

食べ物が原因のよく持つ依存性運動誘発アナフィラキシーにおいては特定の、その人にとって食べてはいけないアレルギーの食べ物を取り入れること、それに加えて運動が重なったときに症状があらわれていくでしょう。

アレルゲンを振り返り自分なりの予防策を練っておく

物理的なこうした刺激を避けてアレルギーを予防していこうと思ったら、やはりこれらから避けるしか方法はないでしょう。避けられなければ気を付けようがないのです。避けることが一番の予防といってもいいでしょう。

自分の生活の中で触れる可能性があるシーンを避けることが一番の予防につながりますから、まずはアレルゲンがなんなのか振り返るところから始めましょう。